Home » キャッシュフローとは

キャッシュフロー

キャッシュフローの重要性

お金がないと、会社を続けることはできません。お金の流れを「キャッシュフロー」と言います。 キャッシュフローがうまくいかないと、利益が出ているのに現金が不足し、経営が悪化してしまいます。 たとえば、100万円の仕事を受注し、経費が30万円かかるとします。 報酬は業務完了して1か月後に支払う約束で、業務完了するまでに2か月かかるとすると、 以下の図のとおり3ヶ月間、手元の現金は30万円マイナスのままです。この場合、計算上はあくまでも70万円の利益がでていることになります。 つまり、利益が70万円出ている状態なのに、30万円マイナスの状態で3ヶ月間頑張って経営しなければならないのです。

キャッシュフローイメージ

利益がいくら出ていても、このような状態が続いたり、重なったりすると、先立つお金がなくなり、会社は存続できなくなります。 俗に言う「黒字倒産」です。まさに「勘定合って銭足らず」となってしまいますので、キャッシュフローの意識は強く持たなければなりません。

キャッシュフロー経営のポイント

経営上、利益とキャッシュのズレを解消することが必要不可欠です。そのための方策としては以下の手段が有益です

1. 売掛金をなるべく作らない

報酬はなるべく現金でもらうようにしましょう(手渡し又は振り込み)。 手形やカードではすぐに手元にお金が入ってこない場合があるからです。 手元の現金を増やせば、経費を支出しても耐えて経営する力がついてきます。

2. 支払時期を調整する

経費の支払いと報酬の入金との間が狭ければ狭いほど、負担の期間が短くなります。 入金は早めに、支払いは遅めにするよう取引先と交渉しましょう。

3. 在庫をなるべく持たない

在庫を置いておくのは、お金を眠らせていることになります。 なるべく少ない在庫で管理できるよう徹底しましょう。 不良在庫となった場合、価格を下げて処分する勇気も必要になります。

4. 粗利益率を上げる

利益率を上げれば、それだけ経費の負担が軽くなります。 経費削減に力を入れましょう。場合によってはビジネスモデルの見直しも必要になります。


  1. 起業に必要なものすべてあります
  2. レクチャーつき起業相談で不安解消
  • その道の専門家が業務遂行
  • クレドに基づき窓口対応
  • 夢の設計図