Home » フランチャイズチェーン

フランチャイズ・チェーン

ランチャイズ・チェーンとは

フランチャイズ・チェーン(FC)とは、ある企業の権利や商標、ノウハウなどのビジネスモデルに対してロイヤリティーを支払って参加するビジネスの業態を言います。

コンビニエンスストアや洋菓子店のような小売業、ハンバーガーショップ、レストラン、ラーメン店などの外食業によく見受けられます。

通常、権利や商標、ノウハウなどを提供する側を「本部(フランチャイザー)」、受ける側を「加盟者(フランチャイジー)」と呼びます。 本部は他人の資本・労働力を利用して事業展開することができ、加盟者は本部の経営ノウハウを利用して自ら事業を起こすことができます。

ご注意

加盟者はあくまでも独立企業です。 店舗が儲かれば利益は得られますが、店舗が失敗すれば自らリスクを負わなければなりません。 原則として、本部が売上を保証することはありませんので、ご注意下さい。

しかし、加盟者は、本部から、加盟金やロイヤリティーの支払い、秘密保持義務や競業避止(同業種での営業禁止)などいろいろな制約を求められます。

フランチャイズ・チェーンで起業する場合、本部との契約書の詳細を必ず確認しましょう。


  1. 起業に必要なものすべてあります
  2. レクチャーつき起業相談で不安解消
  • その道の専門家が業務遂行
  • クレドに基づき窓口対応
  • 夢の設計図