Home » 会社の種類の選択

会社の種類の選択

会社の種類

現在、株式会社・合同会社・合名会社・合資会社の4形態の会社を設立することができます(有限会社は設立することができません)。

形態 意義 責任
株式会社 投資家が金銭等を出資し、経営を出資者で選んだ者に任せる会社です。 有限責任
合同会社 金銭を出資した投資家だけで構成する会社です。原則として投資家たちで経営します。 有限責任
合名会社 原則として全員で経営する会社です。全員が債権者に対して無限の責任を負います。 無限責任
合資会社 合名会社に、経営に参加しない投資家が加わった会社です。 無限責任
有限責任

『無限責任』とは、構成員が、会社の債務を無制限に負うことを言います。これに対して、『有限責任』とは、出資者は出資した金額の範囲内で責任を負うことを言います。

選択のポイント

合名会社・合資会社は構成員の責任が重いため、お薦めできません。実際、利用数はあまり多くありません。

ここでは、利用される数が圧倒的に多い株式会社と新設された合同会社の比較について述べたいと思います。

株式会社と合同会社の比較

合同会社は、経営内容を自由に定めることができます。起業家にとっては魅力的な会社だと言えます。しかし、合同会社は新設したばかりの会社なので社会的に知名度が低く、取引相手によっては敬遠されるおそれがあります。そのため、外部から融資を受けにくい面があります。 また、いったん出資すると経営にある程度参加しなければならないため、出資者を集めにくい構造だと言われています。

これに対して、株式会社は、歴史が長く、社会的信用力があります。また、資金調達しやすい構造となっています。 しかし、合同会社ほど経営の自由はなく、会社法の一定のルールに従い経営しなければなりません。

従って、社会的信用力・資金調達力を重視して会社を大きくすることをお考えの場合には株式会社を、経営の自由を重視してご自分の方針に合った会社作りをお考えの場合には合同会社をお薦めします。

ただし、いったん設立しても、後の移行は可能です。つまり株式会社を設立しても合同会社へ移行できるし、合同会社を設立しても株式会社へ移行できるのです。

会社形態 メリット ポイント
株式会社 社会的信用力
資金調達しやすい構造
会社を大きくすることを重視
合同会社 経営内容の自由(経営陣の構成や利益配分) 経営の自由度を重視

  1. 起業に必要なものすべてあります
  2. レクチャーつき起業相談で不安解消
  • その道の専門家が業務遂行
  • クレドに基づき窓口対応
  • 夢の設計図