Home » 事業計画とは

事業計画とは

事業計画とは

事業計画とは、自分の事業の目標を実現するための具体的な行動を示す計画で、1から5年後の目標や戦略・戦術等を描いたものを言います。

起業後、いろいろな人に事業内容を説明して、理解や協力を求める必要が出てきます。 「投資や融資を受けたい」「パートナーを募りたい」「取引してもらいたい」・・・といった場面です。 そんなときのために、事業計画を作成しておくと、みなさまの説明に説得力がつきます。

また、これから行う事業を「事業計画」という形にすることで、みなさま自身が、事業の詳細を頭の中で整理することができ、問題点も見えてきます。 起業時には是非作成するようにしましょう。

事業計画の立て方

事業計画どおりに事業が進むことはまずありません。事業計画は、計画と結果との差異について分析することが重要です。 何度計画を練ってもうまくいかないという経験を積むことで、計画の能力も実行の能力もあがってくるのです。 また、書き直す行為により、自分が本当にやりたいことや事業の成功の見込みなどがはっきりとしてきます。繰り返し取り組みましょう。

以下、一般的な事業計画の内容になります。ご参考の上、是非トライしてみて下さい。

1. 全体構想

どういう目的で何をやりたいかをはっきりさせます。 事業に対する考え方や熱意、将来的な事業展開を説明します。 そして、事業の市場規模、将来性、環境等を調べ、事業内容の裏付けとします。

  • 起業の動機
  • 事業の概要
  • 市場の状況
  • 将来の目標
  • 事業の課題

2. 具体的な事業内容

提供する商品・サービス自体の特徴、提供方法の特徴をピックアップします。 そして、それらの特徴が、対象とする顧客のニーズにいかにマッチしたものであるかを説明します。

さらに、販売、仕入、設備、人員について、5W2Hに留意して決めていきましょう。

誰が(Who)、いつ(When)、何処で(Where)何を(What)どんな目的で(Why)どうやって(How)いくら(HowMuch)で行うのかを決めていきます。

  • 事業の内容
  • 事業の特徴
  • 販売計画
  • 仕入計画
  • 設備計画
  • 人員計画

3. 資金計画

具体的に、何が必要で、資金がいくらで、それをどう調達するかを検討します。

必要な資金 金額 調達方法 金額
初期費用 店舗 ●円 自己資金 ●円
機械装置・備品
内訳
●円 自己資金
親からの借入
●円
●円
運転資金 仕入代金 ●円 自己資金 ●円
諸経費 ●円 自己資金 ●円

4. 損益計算表

創業当初の収支予測と軌道に乗った後の収支予測をたてます。

  1年目 2年目 3年目 備考
  1.売上高 ●円 ●円 ●円  
2.売上原価 ●円 ●円 ●円  
3.売上総利益(1-2) ●円 ●円 ●円  
人件費 ●円 ●円 ●円  
家賃 ●円 ●円 ●円  
減価償却費 ●円 ●円 ●円  
支払利息 ●円 ●円 ●円  
その他 ●円 ●円 ●円  
4.経費合計 ●円 ●円 ●円  
5.利益(3-4) ●円 ●円 ●円  

計画を作成して終わりではなく、何度も繰り返し見直しましょう。 見直しを繰り返すことで事業計画は、よくなっていきます。是非トライしてみて下さい。

会社設立expertでは、「夢の設計図」をご用意しております。 楽しみながら上記のような計画も策定することができますので、ご利用下さい。

「夢の設計図」で楽しく会社設立


  1. 起業に必要なものすべてあります
  2. レクチャーつき起業相談で不安解消
  • その道の専門家が業務遂行
  • クレドに基づき窓口対応
  • 夢の設計図